高級なマンション

タワーマンションは高階層からの眺めが素晴らしいため、高階層に憧れる方もいらっしゃることでしょう。
しかし低階層ならではのメリットや利便性もいくつかあります。
災害があった時は低い階層ならば避難しやすく、エレベーターの混雑も回避することができます。

タワーマンションは階層が高くなるほど価格も高くなるのですが、低階層の方が安い傾向があるようです。
少しでもリーズナブルで安い物件を探しているのであれば、高階層よりも安い低層階物件の方がお得に購入することができ、メリットがあるでしょう。

タワーマンションでの生活は、一日に何度もエレベーターで往復しなければなりません。
朝のゴミ出しや郵便ポストまで郵便物を取りに行ったり、買い物、通勤や通学などで何度もエレベーターに乗らなければなりません。
低階層だと、エレベーターの待ち時間が高階層と比べるとほとんどありませんので、自分の好きな時に乗り降りができるというメリットがあるでしょう。

通勤ラッシュ時はエレベーターが混みあうため、高階層ではなかなかエレベーターが来ないという問題がありますが、低階層ならこうした煩わしさからも解放されます。
低階層なら通勤ラッシュ時も回避することができる上、階段を使うことも可能です。
地震などの災害や火事が起きた時も低階層の方が早く避難することができますし、階段を使ってすぐに外に避難することもできるので災害時には有利でしょう。

地震が来たときは、高い建物ほどよく揺れるため高階層は特に揺れを感じます。
災害時はエレベーターが止まったり、水道や電気などが止まってしまうことがあります。
水道が止まってしまった場合は救援物資の水をポリタンクに入れて、高階層の自分の部屋まで階段を上らなければならないこともあるかもしれません。

また低階層の場合、スポーツジムやラウンジ、庭園などの共有施設を利用しやすいというメリットがあります。
こうした共有施設は1階か2階などの低層部分に設置されていることが多いからです。
高層階からわざわざ下に降りてきて共有施設を使用するのは面倒ですが、低階層なら気楽に共有施設を利用しやすいというメリットがあります。

色々と利便性がある上、購入費用も安く抑えることが出来ますので、低階層の方がお得です。
高階層は眺望というメリットがありますが、同じ間取りにも関わらず購入費用が高くなってしまうので、費用面のことを考えると低階層の方がメリットがあるかもしれません。

記事一覧

タワーマンションを選ぶ際は、賃貸情報サイトを比較しながら選ぶと色々な情報を得ることができます。 失敗...

品川は都市再開発によって高層ビルやタワーマンションなどが建築されており、駅周辺は近代的な建物で囲まれ...

駅近の物件を探すのなら池袋エリアもおすすめの場所です。 池袋は都市再開発エリアであるので、将来性があ...

以前タワーマンションを舞台にしたドラマ砂の塔では、高階層の住民が低階層の住民を馬鹿にしていじめをする...