• ホーム
  • 低階層の住人は高階層の住民にいじめられたりするの?

低階層の住人は高階層の住民にいじめられたりするの?

きれいなリビングルーム

以前タワーマンションを舞台にしたドラマ砂の塔では、高階層の住民が低階層の住民を馬鹿にしていじめをするという場面がありました。
確かに高階層は低階層に比べるとマンションの購入価格が高いため、高いところに住んでいる住民ほど年収も高いという傾向があります。
こうした年収の格差や見栄の張り合いによって、同じ幼稚園に通うマンションのママ友同士によるいじめが起こる可能性もあるかもしれません。

ドラマ「砂の塔」では、ママ友同士の見栄の張り合いによるいじめ問題がクローズアップされていたので、タワーマンションでの付き合いは怖いものだというイメージが世間に浸透してしまったこともありますが、これはドラマだけのことであって、実際にはタワーマンションではこうした問題はあまり起こってはいないと思われます。

確かにタワーマンションに住む一部の住民の中には、エレベーターに乗ったとき、低階層のボタンを押すと高階層の住民が馬鹿にして鼻で笑うということもあるかもしれません。
大規模なタワーマンションによっては、低階層用のエレベーターと高階層用のエレベーターが便宜上、わかれている物件もあるでしょう。

ドラマ「砂の塔」でも、低階層のエレベーターに乗るか高階層のエレベーターで乗るかによって、マンションの住民のレベルを知るという場面が皮肉に描かれていました。
しかし実際の生活では高階層の住民は、通勤・通学のラッシュ時にはエレベーターがかなり混みあうため、駅に近い交通の利便性のよい物件であるにも関わらず、毎日不便を感じることもあるそうです。

高階層の住民が低階層の住民を馬鹿にすることがあったとしても、それはほんの一部の人だけであって気にすることはありません。
実際には住民同士はそれほど仲が良いわけではなく、どちらかといえば無関心です。
タワーマンションの住民同士は会えば挨拶を交わす程度の人間関係ですので、それほど気にすることはないでしょう。
高階層と低階層ではマンション購入時の価格に格差がありますが、自分の生活が幸せで満たされていれば気にすることは何もありません。

タワーマンションは一戸建て住宅よりも、近所付き合いもほとんどありませんし、なにしろ世帯数がものすごく多いため、住んでいる住民の顔もあまり知らないということがあります。
現実はドラマ「砂の塔」とは違い、お互いの生活にそれほど干渉することはありませんので、低階層に住んでいるからと言って、馬鹿にされたりいじめられたりする訳ではありません。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ